新玩家加入 :: VideoLike スリッパ

新玩家加入

新玩家加入免費代練69 80詳情提問免費代練69 76詳情提問【一服戰區】冰火天堂211【一區】冰火天堂2
2 months ago
9/13【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/3【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請 http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站 http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學 商城點數1:10 沒賣裝武 沒有VIP ...

2 months ago
9/13【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/10【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/11【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/11【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/4【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

3 months ago
【一服戰區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-76詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 years ago
創世神 空島 EP.2 新玩家加入

2 months ago
【一服戰區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-76詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/24【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/8【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/27【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
【一服】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-76詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/20【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

9 months ago
平均每6 7秒就有新玩家加入,美国神秘手游登陆中国!

平均每6 7秒就有新玩家加入,美国神秘手游登陆中国! 平均每6 7秒就有新玩家加入,美国神秘手游登陆中国! 平均每6 7秒就有新玩家加入,美国神...

2 months ago
9/26【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

1 month ago
9/28【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

3 months ago
【一服戰區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-76詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

2 months ago
9/20【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

4 months ago
九阴真经 2017 【新玩家】 - 穷人赚管银

九阴真经极影开始越来越少玩家了,这个游戏还值得新玩家加入吗? 游戏其实还是可以玩的,除非你没有自己的电脑需要去网吧玩的话就不值得啦~...

1 year ago
#1【認真】Eli 開香港幫會,歡迎新舊玩家加入 | 劍俠情緣

大家快啲加入我哋Server 1 "灣仔-友情歲月" (已改幫名) 遊戲下載link: http://smarturl.it/gy3mbj 第一集: https://youtu.be/L3eXp12JkY8 第二集: ...

3 months ago
【鋼彈Online】EP57-給新加入玩家的一些話

遊戲官網: http://msol.goone.tw/ 不懂的請不要隨意亂碰影響戰局每個人都有適合自己的戰鬥方式-----------------影片聲明----------------- 此頻道非"技術台"...

2 months ago
9/9【一區】冰火天堂2 新玩家加入 免費代練69-80詳情提問

帳號申請http://www.bhtt2.com/html/register.php?id=2996 冰火天堂2官方網站http://bbs.bhtt2.com/forum.php 冰火天堂2基本教學商城點數1:10 沒賣裝武沒有VIP裝 ...

5 months ago
Moomoo.io-新的玩家加入!!-牛牛多多OuO

新的io game-moomoo.io 想玩的話打字吧(哈哈) 音樂播放 ...

6 months ago
《暴雪英霸》送D.Va女警造型,居然讓玩家大舉送頭_電玩宅速配20170508

《暴雪英霸》這次2.0的大改版,為了引入更多人潮,除了大方送出20名英雄外,還從《鬥陣特攻》引 gkkkxhbu. ugg moccasins women了源氏與D.Va兩名角色,引起不少話題。甚至只...

9 months ago
當個創世神 布丁的邊緣狼冒險 第二集 新玩家加入遊戲


スリッパ

uggs falsos à venda
kvinners ugg støvler på salg
кожаные сапоги uk
ugg for børn
män

Junk Stage >> 「ことば」という場所で「世界」と出会う。

WordPress ME 2.2 - Capriccioso

角田光代『八日目の蝉』の怖さと魅力

2月 24th, 2008

youkamenosemi.jpg
読み出すまで、てっきり誘拐犯の女が追い詰められていくサスペンス物だと思っていた。
こういう勝手な思いこみは、作者にとっても出版社にとっても迷惑な話だろうか。だが、私自身と作品との出会いに限っていえば、こういう思いこみや勘違いは、多くの場合豊かな出会いを用意してくれる幸運の導き手だったりもする。

ちかいところでいえば、『国家の罠』と『ゴールデンスランバー』がそうだった。そしてこの『八日目の蝉』も。

前半は確かに、妻帯者の彼氏と不倫していた女が、彼と妻との間できた子供を誘拐してしまい、逃亡を続ける話だ。
だが、この話はそれでは終わらない。作品は後半、その逃亡の「旅」を一つ一つ丁寧にたどり直し、実はその「逃避行」が、私たちが「今」生きていることと表裏一体の行為であることを、「女」の行為を裏返しながら明らかにしていくのだ。

この作品の作者角田光代は、圧倒的にかっこいい。
作者のことなど普通は気にもとめずに物語をずんずん読んでいくのがエンタテインメント小説の常道なのは承知しているけれど、どうしてもこの本を読んでいると、そう呟いてしまいたくなるものを感じる。
私はこの作者の作品を全部フォローしているわけではないが、少なくてもこの『八日目の蝉』には『キッド・ナップツアー』も『対岸の彼女』も『UFO』も入っている。

以前、私は『キッドナップ・ツアー』という作品が好きだった。父親が自分の子供を誘拐し、取り戻し直そうとするそのうさんくさい身振りが好きだった。
今でもそれに代わりはない。
だが、正直この『八日目の蝉』を読んだあとでは、かつての自分にはその程度の「薄い物語」がお似合いだったのだと思う。

『八日目の蝉』には、現実から逃げようとしているすべての「私」がいる。
逃げようとすることでしか向き合えない「空虚」にいらだつすべての「今」がある。
私はこの本を読みながら、たびたび息苦しくなって本をバタン!と閉じずにはいられなかった。しかしまた同時に、憑きものにとりつかれたようにまた本を開いて読み進めずにはいられなかった。

この作品がわたしたち(敢えてわたしたちと言おう)にもたらす息苦しさは同時に、間違いなく私たちの魂に力を与えてくれる。

不思議なことだ。
こんなに不幸で、こんなに切なくて、こんなにも失うものが多いお話なのに。

それは単純な「共感」というのとは違う。
この主人公にためらいなく共感できる人はそう多くないだろう。

だが、それでもなお、と思ってしまう。

その違和感を抱えた感じを含めて、響きあうことができるのかもしれない……そんな風に受け止めさせてしまうところが、きっと小説の力なのかもしれない。個人の心情的共感に還元される物語の力ではなく。

私はこの本を閉じるとき、人の人生を2度(1回ではなく2回、というのがポイントです)生ききったような心地よい疲労感を感じた。

とにかく、良い小説はいつだってこうでなくちゃ。

『ミノタウロス』に続いて、怖いけれど読まずにはいられない小説に出会えたことを感謝しつつ。

この作品、留保なしにお勧めです。

Posted in 書評 | No Comments »

佐藤亜紀『ミノタウロス』の圧倒的な疾走感について

2月 4th, 2008

mi.jpg

 本を閉じる直前の最後の 5 行がいつまでも脳裏に焼き付いて離れない。

この 5 行が作者のちょっとした過剰なサービスなのか、それとも作品の必然なのか私には分からない。
しかし、この「瞳」が全編に満ちていたのかと、圧倒的なスピードで駆け抜けた作品をもう一度なぞり直さずにはいられなかった。

冒頭に戻ると、時代は20世紀初頭。舞台はロシア革命真っ最中のウクライナ。作品の前半、語り手であり主人公でもあろう「ぼく」は、成り上がり地主の次男としてキエフに留学をしつつ富裕師弟などとも交際するが、その手の上品さや学問など歯牙にもかけない。
空虚で醒めた視点を持つ「ぼく」は、いかにも「小地主の次男坊」らしい若者として振る舞い続ける。
「ぼく」は何者にも共感しない。ただ目の前にあることに反応し、自分を動かしていくだけだ。ある意味では徹底的に感情移入を拒んだハードボイルドな語り手なのだが、自ら自己を律するというようなストイシズムとは無縁だ。いかにも小地主の子息らしい世の中をなめたガキ、とでも言っておけば足りる。

・・・だが次第に時代は軋む音を立てて動き始める。

そこで「ミノタウロス」の登場だ。

「ミノタウロス」とはギリシャ神話に登場する牛頭人身の怪物である。

腰巻き惹句には
「人にも獣にもなりきれないミノタウロスの子らが、凍える時代を疾走する」
とある。

普通に考えれば、作品の後半、小地主の息子としてのすべてを失った語り手「ぼく」(ヴァリシ・ペロトーヴィチ)が、その相棒でオーストリア軍からはぐれたドイツ人ウルリヒらと、ならず者の悪漢として、軍隊や盗賊団の隙間を縫いながら略奪と暴行の限りを尽くしていく様子が、「ミノタウロス」に当たるのだろう。

だが、まずもって「ミノタウロス」の名にふさわしいのは言うまでもなく、主人公の兄だ。

「顔のない兄は、何かひどく抽象的な男だった。百姓の鍬が畑で引っ掛けて掘り出す、頭も手足もない彫像みたいなものだ。人間の頭が付いていないだけに、ごつさやいかつさは非人間的な領域に達していた。(中略)もはや人間ではなく、他のありとあらゆるものを取り払った後の、純粋な本能だった。ぼくは漸く理解できた。兄が肋が浮いて見えるようになるまで女を漁ってやり続けるのは、別に女が好きだからでも、やるのが好きだからでもない。(中略)人間を人間に見せる顔が削ぎ取られた今や、兄はむき出しになった雄の本質であり、純化された本質を神性と呼ぶなら、雄の神性の具現だった。というより、兄にはもうそれしか残っていなかった。」( P69 )

士官学校に入った、という記述の後しばらくして戻ってきた兄は、砲弾によって顔を失っていた。その直後に「ペテルブルグのツァーリが帝位を追われても、ミハイロフスカの生活はそうは変わらなかった」とあるから、革命(内戦)の波を最初に浴びたのがこの兄、ということになるのだろう。

その「顔」を失った兄が死んだ瞬間から、「ぼく」が世界を甘く観ていることのできた生活の前提としての小地主子弟の世界は、直ちに崩壊を始めていく。

その後、すべてを失った「ぼく」は、その当時ならどこにでもいそうな交換可能の「小悪党」(いわばミノタウロスのネガ)として、大きな混乱の中に身を投じていくことになるのだ。

 今敢えて「ミノタウロスのネガ」と「ぼく」を呼んだのは、この語り手「ぼく」は徹底的に「神性」を欠いているからだ。私たち読者は、「ぼく」の瞳によって切り取られた世界に最初から最後近くまで付き合わされるわけだが、ここにはたった一つの他者の言説(引用符)もなく、ロマンチックな読者の共感を誘う「語り」もないまま、瞳のカメラが回り続けるようにして続いていく。

 一瞬の遅滞もなく、どんな知的な混迷もなく、驚くほどの明晰さで映し続けるこの「小悪党」の瞳のカメラは、読者の持つ物語の欲望をあっさりとまたぎ越して疾走していくだろう。

 余分なものの全くない完成度の高い文体で、しかもヘタレな若者の一人称をドライブしつつ、その「一人称」はしだいにその薄っぺらな人間としての外側が剥がされ、得体のしれない疾走する機械のようなものになっていく。その象徴はタチャンカ(機銃を据えた荷馬車)であり、飛行機である。最後の場面などは、ロシア内戦なのか、仲間を助けに敵の砦につっこんで壮絶な最期を遂げる西部劇なのか分からないほどだ。

それは、神によって「怪物」であることを強いられた神話の中のミノタウロスとはおよそ対極の、 20 世紀の文明の波が生み出した、機械で武装した非神話的(つまりは交換可能な)ミノタウロス、といってもいいのかもしれない。
徹底的に神性を欠き、物語としての共感を拒みつつ、ヘタレな若者が、社会秩序が崩壊した混乱の中、小悪党となって略奪の限りを尽くした挙げ句に滅び去っていく……。

話としてはどうしようもない話だ。

その挙げ句に最後の 5 行である。
瞳の速度が肉体を置き去りにしていくかのようなオーバードライブに思わず息をのんだ。

瞳の限界速度で社会秩序の崩壊に私たちを付き合わせ、これほど完成度の高い文体でサービスした挙げ句に最後に読者を突き放すこの作品の魅力は、おそらく書評では十分に伝えきれない。

私は、ほとんど身体的な恐怖を感じ、恐れおののきつつしかしこの疾走感に連れ去られたまま一気に読了してしまった。
この 20 世紀初頭のロシア革命の混乱を突っ切った若者の破滅ぶりは、そのまま私たちにとっての「今」、と読める。
神性を失い、ただ表面にかぶせられたペルソナという部品を途中でそぎ落とされながら、なおも愚かに疾走するしかない共感性を欠いた「瞳」。

そこに「今」を感じるとしたら、それはとても恐ろしいことだ。そしてさらに、最後にはその「今」から解放された主人公とは違って、私たちは本を閉じてからその「今」と向き合うことになるとしたら。

どうか、ぜひ、この作品を開いてください。
読者を選ぶ、なんてせこいことはありません。
活劇を求める人は活劇を求めて読めばきっと楽しめます。
あるいは、きっと知識ある文学好きの人がロシア文学のように読めば「日本人が書いたとは分からない」なんて感想さえつぶやけるのでしょう(笑)。
またおそらく、徹底的な調査に裏打ちされた無駄のない設定と最小限の言及で矛盾なくしかも的確に世界像を読者に示し得る知性の輝き、といったパフォーマンスを観ようとすれば、それだけでも豊かな達成を目の当たりにできるに違いありません。
そしてもちろん、私のように小説の「語り」が気になるなんていう読者にとってさえも、十分過ぎる楽しみがあるのですから。

Posted in 書評 | No Comments »

小林信彦の二つの作品を読むことになった理由

1月 24th, 2008

小林信彦『おかしな男』(新潮文庫)
小林信彦の二つの作品を、この冬に読んだ理由

私は小林信彦の良い読者ではない。
初めてその文章に触れたときには、その作者の名前も知らなかった。
しかし、初めて読んだ時から、この書き手はなんと不思議な視点を持っているのか、と驚いた記憶がある。それは山田洋次の大ファンである知人の脚本家(石原哲也)から勧められて読んだ渥美清の評伝『おかしな男』(新潮文庫)だった。

私は渥美清については全く分からないし、正直「下町の情緒」など興味がない、と思っていたので映画もほとんど素通りだったのだが、この評伝を読んですぐにこの作者が「芸能の人」を観る視点は恐ろしいほど鋭いのではないか、という印象を持った。

書き手のことが分かってきてみると、小学校の頃読んだ夏目漱石の「坊っちゃん」のくすぐりをその時点で「浅い」と切って捨て得るほど小さい頃から「芸」に親しんでいた小林信彦が、「芸能」についての深い蓄積を基盤としつつ、他方、独自の作家的視線を駆使して「芸能の人」を描ききった、という印象がある。

何より、渥美清という役者の「すごみ」というか、抱えている「異界」の匂いが読む側に伝わってくるのだ。

大きなポイントの一つははその「モダンな」距離感覚だと思う。

「芸能」という基盤を共有しつつ、あくまで微妙に距離のある場所から描き続けるそのスタンスは、小林信彦という作家にとって最高の作品を生む 立ち位置だったのではないか。
小林信彦という人間が内に抱えていた「モダン」な距離感覚が、同業者の「芸能人」とは全く異なった位相から、しかし徹底的に鋭く「芸能」を見つめることを可能にしていて、それは同時に「芸能の人」の側にあっても、貴重なものだったのかもしれない。

さてしかし、その後長いあいだ小林信彦の作品を読むことはなかった。

たまたま小林信彦の新しい作品を読む機会があったのは去年(2007年)の暮れ、「温泉に浸かりながらゆっくり本を読むべしイベント」を友人が毎年企画していて、 そこに誘われて参加したところ偶然『東京少年』が課題図書になっていたのだ。

さらに驚くべきことにその数日前、最近面白い本がないかと職場で話をしていたとき、「直筆で読む『坊っちゃん』」を上司に勧められた。そのとき「そういえば」と付け加えて紹介されたのがまた小林信彦の『うらなり』だったのである。

なにやら周囲が小林信彦を「読め」と波状攻撃してくる。しかもれはあの「おかしな男」の作者だ。これは一筋縄ではいかないだろう、と考え、「小林信彦を読む」がこの冬の主題になったのだった。

結果として、作品における「語り」を改めてじっくり考えるよい機会にもなった。
結局私は、『東京少年』を高く評価し、『うらなり』をそれと比較して「買わない」結果にはなったが、いずれにしても小林信彦の作品を読むことは、その絶妙の距離感覚を読むことなのではないか、という気がしている。
そしてその「絶妙さ」はもしかすると、「モダン」な「東京少年」で「も」ある小林信彦的視点の宿命、かもしれない。

内部にありつつ「ズレ」を敏感に感じ取ること。そういうセンスは抜群だと思う。それが「効く」シーンでは、もの凄い効果が発揮され、それが無力なシーンでは、ちょっと意味が周囲にはわかりにくくなってしまう……そんなことはないだろうか。
私にとっては前者が『東京少年』であり、後者が『うらなり』だった。
それ以前に落語や映画など十分に「モダン」な東京の文化的基盤を享受していたお坊ちゃんで「も」ある小学生が、疎開というかりそめの「異界」を小6~中学生にかけての「若い」時期に過ごした体験。それを70才を過ぎた筆者が改めて現代の資料と過去の記憶を繰り返し往還しながら幾重にも重なった「ズレ」を丁寧に拾い出していく作業は、『おかしな男』に見られた「距離感覚」の絶妙さが大きく生きるものだったのではないだろうか。

それに対して、『うらなり』は、その「距離感覚」が十分に生きていない印象を抱いた。
『坊っちゃん』の語りの向こう側に「異質な世界」を見つけ出したところまではアイディア抜群だが、残念ながら、この作者の「距離感覚」は、「うらなり君」の語りを構成するには適切ではないように思われた。
なぜなら、古賀先生の人生は、この作者にとっては全く未知のものだったといっていいからだ。

むしろ、共通する基盤を持ちつつ「ズレ」を意識して丁寧に拾っていくなら、もう少し主人公「坊っちゃん」(=「おれ」)の語りについて見ていくべきではなかったか。おなじ「東京」の生まれでありながら、無鉄砲で喜劇的な狂言回しをしていく語り手(「おれ」)は、モダンな「東京少年」からみれば、身近な、しかしある意味で「愚かな」パロディとしての「江戸っ子」だろう。
『我が輩は猫である』という作品の中に人間ではない「猫」の視点を投入した漱石は、『坊つちやん』においては四国の町の中に無鉄砲で何も分かっていない「江戸っ子」の「おれ」を投入した。
そのことによって引き起こされる「ズレ」や「異和」の感じを、もう少し丁寧に拾った方が、作者のエンジンはむしろ効果的に働いたのではないかと思われてならない。

小林信彦が援用する有光隆司氏の論文の結論部分を引用し(孫引きになるが了解されたい)
「『坊つちやん』という作品は、その深部において悲劇として読まれることを望んでいるのである。……あるいは『坊つちやん』とは、喜劇を演じる男の向こう側に、悲劇役者たちの世界が透けてみえる、そのような仕掛けを内包した作品なのだ、といってもよかろう」
これを「『坊つちやん』評価の一頂点とまで言い切る。
ここに小林信彦の自身の叙述エンジンについての決定的な誤解があるのではないか。
「喜劇を演じる男の向こう側に、悲劇役者たちの世界が透けてみえる」
これはある意味ではそのまま「おかしな男」のキャッチフレーズとしてもつかえる。
だとすれば、小林信彦的叙述エンジンは、この「喜劇を演じる男」を登場させ、演じさせた「語り」をめぐって展開されなければならなかったはずだ。
ところが、このあと、創作ノートにみえるのは、『坊つちやん』の主人公が繰り広げるどたばたのユーモアは「べた」で面白くないという「芸」達者の評でしかない。

その結果『うらなり』は、本来漱石的叙述エンジンが敢えて作品中に投影した「喜劇を演じる男」の語りの向こう側にいってしまい、どこか読者に向かってではなく、ホリゾントに向かって演奏されたようなさびしさ、静かさをもたらすことになってしまった。

「向こう側」を安易に設定してしまった有光氏のレトリックの当否はおくとして、あくまで表面で繰り広げられるその「愚かな」主人公の「語り」こそが、あたかも「向こう側」があるかのように語り得ないものとしての「悲劇」を虚構として立ち上げていくのではなかっただろうか。

その語りについての考え直しは、来週以降ここにアップする予定の書評、佐藤亜紀『ミノタウロス』を読む中でもさらに続けられていきます。よろしかったら、またお付き合いください。

Posted in 書評 | No Comments »

小林信彦の二つの作品--ふたつめは『うらなり』(文藝春秋社)です-

1月 23rd, 2008

uranari.jpg
この作品は、夏目漱石の『坊つちやん』を基に、その中の登場人物古賀先生(すなわち「うらなり君」)の視点で物語のその後を書いている。

漱石が書いた本編の語り手である「おれ」は、物理学校を卒業するとすぐ四国(松山がモデルか?)の中学校に数学の教師として赴任する。そして無鉄砲な江戸っ子気質ゆえにさまざまな騒動を巻き起こし、しまいにはクビににもならないのに辞表を送りつけて東京に帰ってくるのだが、その「坊っちゃん」がとてつもなく「いい人」(=君子)として同情するのが古賀先生、すなわち「うらなり君」だ。

小林信彦はそこに注目する。

「ぼくの考えでは、坊っちゃんの行動は、うらなりから見たら、まるで理解できないのじゃないかと思うのですよ。不条理劇みたいでね」(創作ノート)と小林信彦は言う。

なるほど、狂言回しとしての異邦人が松山にパラシュート部隊(ある意味ではプレデター的?)よろしく突入し、土地の文脈もあらばこそ、直情的に滑稽な振る舞いでかき回した挙げ句、何の解決にもならないまま帰郷する「坊っちゃん」は、主人公というよりむしろ狂言回し(=仕掛け)に近いかもしれない。
語り手「坊っちゃん」は、単なる「ことの深い意味を察知しない」語り手に過ぎないのであって、「喜劇の向こう側に悲劇」を蔵している、という指摘も一理ある。

このアイディアは素晴らしい。
けれどその結果として完成した作品『うらなり』は、残念ながらあまり面白く感じられなかった。

なぜ古賀先生はこの作品中で「語り手」として存在しなければならないのか。
その動機は古賀先生の中にではなく、むしろ作者小林信彦自身の中にあるのではないか。
そういう疑問が最後まで解決しないままだったのだ。

名前のないタッグである「猫」にも「坊っちゃん」にも、へんてこりんな人間世界や四国の田舎という「他者」と出会い、それがいかに滑稽か、ということを語りたい欲望を抱えた、 いかにも初期夏目漱石漱石的な語り手だ。

それに対して「うらなり君」的語り手が、そのような欲望に支えられているのでないことは分かる。

淡々とした語りは、一見「うらなり君」にふさわしいとも言えよう。

だがでは、「うらなり君」は一体どんな語りの欲望を持っているというのか。

いくら作品『うらなり』が志賀先生の視点から語ろうとしていても、結局のところその「語り」は古賀先生のものではなく、四国か江戸か、という区分ではあくまで江戸(=「坊っちゃん」)の側にいる。しかも「坊っちゃん」のようには無教養でも無鉄砲でもない「モダン」な「東京少年」としての小林信彦が、着想に頼って想像して書いたという範囲を超え出ていないように感じられてしまうのだ。

あるいは、視点は過去と現代の側なら、現代の側にいるといってもいい。

『東京少年』では自伝的な作品であるが故に、「東京少年」的な「モダンボーイ」小林信彦の視点が自由に過去と現在を行き来する。そしてそのことが、過去の自分を内在的に徹底して再構成するという作品の強度をしっかりと支えている。
それに対し、その同じ視点が『うらなり』の場合には、周到な準備にもかかわらず(あるいはそれゆえに?)圧倒的な視点の平板化を生んでしまった。
これを「静謐」と呼ぶ人もおそらく存在するだろうが、それは小林信彦的視点をあらかじめ無前提に共有することが前提になるのではないか。
『東京少年』は作品の語りそれ自体が時代に対して開かれているのに対して、『うらなり』では、語りがまったく閉じたところに終始している。ある意味では敢えて狭い場所に向かってボールを投げ込んだ、というべきかもしれない。

『東京少年』という見事な作品を読んだ後で『うらなり』を読むと、むしろ「うらなり君」の側からではなく、「坊つちやんを評価する気にさせなかった」といい切ってしまう(創作ノートP176)「東京少年」としての小林信彦の側から、徹底的に「おれ」と「うらなり君」を同時にずらして見ていったならばもっと面白い作品になったのではないか、と無い物ねだりをしてみたくなった。

それは、読者としての「私」の恣意的な欲望に過ぎないのだろうか。
それとも、小林信彦の名を持つ言葉が、「私」にそれを欲望させているのだろうか。
その答えを探すためにも、もう一つ別の種類の小説をこの作家に書いて欲しいと思う。
つまり、佐藤正午の『5』や佐藤亜希の『ミノタウロス』のような圧倒的に面白く、しかも徹底的に虚構化された語りが書かれてしまっているからには、この二つの作品のもう一歩先を望みたくなってくる、ということだ。

大きなお世話は重々承知の上で、なお欲望しておきたい。

Posted in 書評 | 2 Comments »

小林信彦が書いた二つの小説 -一つめは『東京少年』について-

1月 13th, 2008

tokyoshonen.jpg
『東京少年』は、小林信彦という作家が経験した二度の疎開(埼玉県への学童疎開と新潟県への縁故疎開)をベースにして、第二次大戦末期の都会者の少年が出会った「戦争」を描いた自伝的小説である。

だいたい、戦後生まれの人間にとっては、疎開といってもピンとこない。ましてや学童疎開と縁故疎開の違い、などといわれても、全くなんのことやら分からないのが普通だろう。
そういう意味で、戦争のことなど全く身近に感じないまま落語を楽しみアメリカ映画や音楽に親しんでいた典型的な都会っ子「東京」の「少年」が、突然「学童疎開」という形で予想もしなかった戦争と出会っていく話は、とても興味深かった。



Mailing List Archive

corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
Linux-ha-japanの皆様

igaharaと申します。

pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new
configuration.が出力されることがあります。
F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。

$ sudo pcs property show
Cluster Properties:
cluster-infrastructure: corosync
dc-version: 1.1.13-6052cd1
have-watchdog: false
no-quorum-policy: ignore
stonith-enabled: false
$ sudo pcs resource show
resource1 (lsb:*****): Started *****

以上、よろしくお願いいたします。
Re: corosync の "A processor failed, forming new configuration."について [ In reply to ]
igaharaさん

こんにちは、山内です。

RHELのサイトを確認したわけではありませんが、該当メッセージがcorosyncで出力される
場合、一瞬でもcorosyncが認識しているクラスタの構成が変化したことを意味しています。

F/Oしていないということですので、すぐに正しいクラスタ構成が再度行われたのではないでしょうか?
#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・

ちなみに、正常にクラスタを構成出来ている場合でも、

1.通信状態が不安定
2.クラスタを構成するノード(corosyncを機動してるノード)が高負荷

などで、このようなメッセージが出る可能性があります。
corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
一度、発生する場合の負荷状態などを確認されては如何でしょうか?


以上です。


----- Original Message -----
>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>To: linux-ha-japan@lists.osdn.me
>Date: 2016/3/22, Tue 23:10
>Subject: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>
>
>Linux-ha-japanの皆様
>
>
>igaharaと申します。
>
>
>pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new configuration.が出力されることがあります。 
>F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
>サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。
>
>
>$ sudo pcs property show
>Cluster Properties:
> cluster-infrastructure: corosync
> dc-version: 1.1.13-6052cd1
> have-watchdog: false
> no-quorum-policy: ignore
> stonith-enabled: false
>$ sudo pcs resource show
> resource1      (lsb:*****): Started *****
>
>
>以上、よろしくお願いいたします。
>_______________________________________________
>Linux-ha-japan mailing list
>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>
>
>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.osdn.me
http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: corosync の "A processor failed, forming new configuration."について [ In reply to ]
山内さん

igaharaです、ご回答ありがとうございます。

ログの最後に下記が出力されているので、クラスタが再構成?されたのかなと思っています。
[MAIN ] Completed service synchronization, ready to provide service.

>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
ログを添付いたします。よろしくお願いします。

>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
corosync.confに明示的にtokenについて記述していないので、1+1構成の場合の推奨値であるデフォルトの1000ミリ秒ですので、調整したいと思います。

当該時間にはサーバのリソース、NWの上昇は見受けられませんでした。

以上、よろしくお願いします。

2016年3月23日 16:25 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:

>
> igaharaさん
>
> こんにちは、山内です。
>
> RHELのサイトを確認したわけではありませんが、該当メッセージがcorosyncで出力される
> 場合、一瞬でもcorosyncが認識しているクラスタの構成が変化したことを意味しています。
>
> F/Oしていないということですので、すぐに正しいクラスタ構成が再度行われたのではないでしょうか?
> #このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
>
> ちなみに、正常にクラスタを構成出来ている場合でも、
>
> 1.通信状態が不安定
> 2.クラスタを構成するノード(corosyncを機動してるノード)が高負荷
>
> などで、このようなメッセージが出る可能性があります。
> corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
> 一度、発生する場合の負荷状態などを確認されては如何でしょうか?
>
>
> 以上です。
>
>
> ----- Original Message -----
> >From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
> >To: linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >Date: 2016/3/22, Tue 23:10
> >Subject: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new
> configuration."について
> >
> >
> >Linux-ha-japanの皆様
> >
> >
> >igaharaと申します。
> >
> >
> >pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new
> configuration.が出力されることがあります。
> >F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
> >サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。
> >
> >
> >$ sudo pcs property show
> >Cluster Properties:
> > cluster-infrastructure: corosync
> > dc-version: 1.1.13-6052cd1
> > have-watchdog: false
> > no-quorum-policy: ignore
> > stonith-enabled: false
> >$ sudo pcs resource show
> > resource1 (lsb:*****): Started *****
> >
> >
> >以上、よろしくお願いいたします。
> >_______________________________________________
> >Linux-ha-japan mailing list
> >Linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
> >
> >
> >
>
> _______________________________________________
> Linux-ha-japan mailing list
> Linux-ha-japan@lists.osdn.me
> http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>
Re: corosync の "A processor failed, forming new configuration."について [ In reply to ]
igaharaさん

こんばんは、山内です。

ログを拝見しましたが、以下のような挙動となっています。(ログは日時の出力がなかったので、下から上に時系列は進んでいるものとしています)

結果として、ノード故障とは判定していませんので、F/Oなどは発生していません。

①corosyncでは、tokenというメッセージをノード間で巡回させていますが、このtokenが一定時間内(1s)に到着しなかった。(マシン性能、負荷、ネットワーク状況などに要因によりますが、tokenが極端に短い場合なども発生する可能性があります。)

[TOTEM
] entering GATHER state from 2(The token was lost in the OPERATIONAL
state.).
[TOTEM ] A processor failed, forming new
configuration.

②再度、corosyncはクラスタを構成する為に、制御メッセージをやり取りします。
(snip)
[TOTEM
] entering RECOVERY state.
[TOTEM ] got commit token
[TOTEM ]
entering COMMIT
state.
(snip)

③結果、再度、クラスタ構成を完了しましたが、クラスタの構成は再構成出来き、クラスタ構成に変化はなかった。(直前のメンバーで再構成された)
[TOTEM
] A new membership (***.***.1.***:316) was formed.
Members
※変化があった場合には、Membersの後に情報が出ます。(例:joined:xxxx,
left:xxx)

④その後、Pacemakerのプロセスなども正しく認識し、何事もなかったように動作を続けています。


以上です。

----- Original Message -----
>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>To: renayama19661014@ybb.ne.jp; linux-ha-japan@lists.osdn.me
>Date: 2016/3/23, Wed 22:41
>Subject: Re: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>
>
>山内さん
>
>
>igaharaです、ご回答ありがとうございます。
>
>
>ログの最後に下記が出力されているので、クラスタが再構成?されたのかなと思っています。
>[MAIN  ] Completed service synchronization, ready to provide service.
>
>
>
>>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
>ログを添付いたします。よろしくお願いします。
>
>
>>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
>corosync.confに明示的にtokenについて記述していないので、1+1構成の場合の推奨値であるデフォルトの1000ミリ秒ですので、調整したいと思います。
>
>
>当該時間にはサーバのリソース、NWの上昇は見受けられませんでした。
>
>
>以上、よろしくお願いします。
>
>
>2016年3月23日 16:25 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:
>
>
>>igaharaさん
>>
>>こんにちは、山内です。
>>
>>RHELのサイトを確認したわけではありませんが、該当メッセージがcorosyncで出力される
>>場合、一瞬でもcorosyncが認識しているクラスタの構成が変化したことを意味しています。
>>
>>F/Oしていないということですので、すぐに正しいクラスタ構成が再度行われたのではないでしょうか?
>>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
>>
>>ちなみに、正常にクラスタを構成出来ている場合でも、
>>
>>1.通信状態が不安定
>>2.クラスタを構成するノード(corosyncを機動してるノード)が高負荷
>>
>>などで、このようなメッセージが出る可能性があります。
>>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
>>一度、発生する場合の負荷状態などを確認されては如何でしょうか?
>>
>>
>>以上です。
>>
>>
>>
>>----- Original Message -----
>>>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>>>To: linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>Date: 2016/3/22, Tue 23:10
>>>Subject: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>>>
>>>
>>>Linux-ha-japanの皆様
>>>
>>>
>>>igaharaと申します。
>>>
>>>
>>>pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new configuration.が出力されることがあります。 
>>>F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
>>>サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。
>>>
>>>
>>>$ sudo pcs property show
>>>Cluster Properties:
>>> cluster-infrastructure: corosync
>>> dc-version: 1.1.13-6052cd1
>>> have-watchdog: false
>>> no-quorum-policy: ignore
>>> stonith-enabled: false
>>>$ sudo pcs resource show
>>> resource1      (lsb:*****): Started *****
>>>
>>>
>>>以上、よろしくお願いいたします。
>>>_______________________________________________
>>>Linux-ha-japan mailing list
>>>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>>>
>>>
>>>
>>
>>_______________________________________________
>>Linux-ha-japan mailing list
>>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>>
>
>
>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.osdn.me
http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
Re: corosync の "A processor failed, forming new configuration."について [ In reply to ]
山内さん

igaharaです。

ご確認いただきありがとうございます。
pacemaker+corosyncで構成したものが他にも複数あり、このMSGが出力される頻度が高いのもエージェントとの通信が多いサーバのみですので、
ご提案頂いたtokenの値を調整したい思います。
また、tokenとタイムアウトを制御しているパラメータのconsensusは最小でも<1.2*token値>とされていますが、confに明示的に記述しなくても自動で算出されるという認識で合っていますでしょうか。

以上、よろしくお願いします。

2016年3月24日 18:01 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:

>
>
> igaharaさん
>
> こんばんは、山内です。
>
> ログを拝見しましたが、以下のような挙動となっています。(ログは日時の出力がなかったので、下から上に時系列は進んでいるものとしています)
>
> 結果として、ノード故障とは判定していませんので、F/Oなどは発生していません。
>
>
> ①corosyncでは、tokenというメッセージをノード間で巡回させていますが、このtokenが一定時間内(1s)に到着しなかった。(マシン性能、負荷、ネットワーク状況などに要因によりますが、tokenが極端に短い場合なども発生する可能性があります。)
>
> [TOTEM
> ] entering GATHER state from 2(The token was lost in the OPERATIONAL
> state.).
> [TOTEM ] A processor failed, forming new
> configuration.
>
> ②再度、corosyncはクラスタを構成する為に、制御メッセージをやり取りします。
> (snip)
> [TOTEM
> ] entering RECOVERY state.
> [TOTEM ] got commit token
> [TOTEM ]
> entering COMMIT
> state.
> (snip)
>
> ③結果、再度、クラスタ構成を完了しましたが、クラスタの構成は再構成出来き、クラスタ構成に変化はなかった。(直前のメンバーで再構成された)
> [TOTEM
> ] A new membership (***.***.1.***:316) was formed.
> Members
> ※変化があった場合には、Membersの後に情報が出ます。(例:joined:xxxx,
> left:xxx)
>
> ④その後、Pacemakerのプロセスなども正しく認識し、何事もなかったように動作を続けています。
>
>
> 以上です。
>
> ----- Original Message -----
> >From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
> >To: renayama19661014@ybb.ne.jp; linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >Date: 2016/3/23, Wed 22:41
> >Subject: Re: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new
> configuration."について
> >
> >
> >山内さん
> >
> >
> >igaharaです、ご回答ありがとうございます。
> >
> >
> >ログの最後に下記が出力されているので、クラスタが再構成?されたのかなと思っています。
> >[MAIN ] Completed service synchronization, ready to provide service.
> >
> >
> >
> >>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
> >ログを添付いたします。よろしくお願いします。
> >
> >
> >>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
>
> >corosync.confに明示的にtokenについて記述していないので、1+1構成の場合の推奨値であるデフォルトの1000ミリ秒ですので、調整したいと思います。
> >
> >
> >当該時間にはサーバのリソース、NWの上昇は見受けられませんでした。
> >
> >
> >以上、よろしくお願いします。
> >
> >
> >2016年3月23日 16:25 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:
> >
> >
> >>igaharaさん
> >>
> >>こんにちは、山内です。
> >>
> >>RHELのサイトを確認したわけではありませんが、該当メッセージがcorosyncで出力される
> >>場合、一瞬でもcorosyncが認識しているクラスタの構成が変化したことを意味しています。
> >>
> >>F/Oしていないということですので、すぐに正しいクラスタ構成が再度行われたのではないでしょうか?
> >>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
> >>
> >>ちなみに、正常にクラスタを構成出来ている場合でも、
> >>
> >>1.通信状態が不安定
> >>2.クラスタを構成するノード(corosyncを機動してるノード)が高負荷
> >>
> >>などで、このようなメッセージが出る可能性があります。
> >>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
> >>一度、発生する場合の負荷状態などを確認されては如何でしょうか?
> >>
> >>
> >>以上です。
> >>
> >>
> >>
> >>----- Original Message -----
> >>>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
> >>>To: linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >>>Date: 2016/3/22, Tue 23:10
> >>>Subject: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new
> configuration."について
> >>>
> >>>
> >>>Linux-ha-japanの皆様
> >>>
> >>>
> >>>igaharaと申します。
> >>>
> >>>
> >>>pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new
> configuration.が出力されることがあります。
> >>>F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
> >>>サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。
> >>>
> >>>
> >>>$ sudo pcs property show
> >>>Cluster Properties:
> >>> cluster-infrastructure: corosync
> >>> dc-version: 1.1.13-6052cd1
> >>> have-watchdog: false
> >>> no-quorum-policy: ignore
> >>> stonith-enabled: false
> >>>$ sudo pcs resource show
> >>> resource1 (lsb:*****): Started *****
> >>>
> >>>
> >>>以上、よろしくお願いいたします。
> >>>_______________________________________________
> >>>Linux-ha-japan mailing list
> >>>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >>>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
> >>>
> >>>
> >>>
> >>
> >>_______________________________________________
> >>Linux-ha-japan mailing list
> >>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
> >>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
> >>
> >
> >
> >
>
Re: corosync の "A processor failed, forming new configuration."について [ In reply to ]
igaharaさん

こんばんは、山内です。

>ご提案頂いたtokenの値を調整したい思います。
>また、tokenとタイムアウトを制御しているパラメータのconsensusは最小でも<1.2*token値>とされていますが、confに明示的に記述しなくても自動で算出されるという認識で合っていますでしょうか。


はい。
その認識であっています。consensusはtoken値を元に自動で設定されます。
値の関連で問題がある場合には、エラーログが出力されますので、設定時の助けになると思います。

以上です。



----- Original Message -----
>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>To: 山内英生 <renayama19661014@ybb.ne.jp>
>Cc: "linux-ha-japan@lists.osdn.me" <linux-ha-japan@lists.osdn.me>
>Date: 2016/3/24, Thu 23:10
>Subject: Re: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>
>
>山内さん
>
>
>igaharaです。
>
>
>ご確認いただきありがとうございます。
>pacemaker+corosyncで構成したものが他にも複数あり、このMSGが出力される頻度が高いのもエージェントとの通信が多いサーバのみですので、
>
>ご提案頂いたtokenの値を調整したい思います。
>また、tokenとタイムアウトを制御しているパラメータのconsensusは最小でも<1.2*token値>とされていますが、confに明示的に記述しなくても自動で算出されるという認識で合っていますでしょうか。
>
>
>以上、よろしくお願いします。
>
>
>2016年3月24日 18:01 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:
>
>
>>
>> igaharaさん
>>
>>こんばんは、山内です。
>>
>>ログを拝見しましたが、以下のような挙動となっています。(ログは日時の出力がなかったので、下から上に時系列は進んでいるものとしています)
>>
>>結果として、ノード故障とは判定していませんので、F/Oなどは発生していません。
>>
>>①corosyncでは、tokenというメッセージをノード間で巡回させていますが、このtokenが一定時間内(1s)に到着しなかった。(マシン性能、負荷、ネットワーク状況などに要因によりますが、tokenが極端に短い場合なども発生する可能性があります。)
>>
>>[TOTEM
>>] entering GATHER state from 2(The token was lost in the OPERATIONAL
>>state.).
>>[TOTEM ] A processor failed, forming new
>>configuration.
>>
>>②再度、corosyncはクラスタを構成する為に、制御メッセージをやり取りします。
>>(snip)
>>[TOTEM
>>] entering RECOVERY state.
>>[TOTEM ] got commit token
>>[TOTEM ]
>>entering COMMIT
>>state.
>>(snip)
>>
>>③結果、再度、クラスタ構成を完了しましたが、クラスタの構成は再構成出来き、クラスタ構成に変化はなかった。(直前のメンバーで再構成された)
>>[TOTEM
>>] A new membership (***.***.1.***:316) was formed.
>>Members
>>※変化があった場合には、Membersの後に情報が出ます。(例:joined:xxxx,
>>left:xxx)
>>
>>④その後、Pacemakerのプロセスなども正しく認識し、何事もなかったように動作を続けています。
>>
>>
>>以上です。
>>
>>----- Original Message -----
>>>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>>
>>>To: renayama19661014@ybb.ne.jp; linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>Date: 2016/3/23, Wed 22:41
>>>Subject: Re: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>>>
>>>
>>>山内さん
>>>
>>>
>>>igaharaです、ご回答ありがとうございます。
>>>
>>>
>>>ログの最後に下記が出力されているので、クラスタが再構成?されたのかなと思っています。
>>>[MAIN  ] Completed service synchronization, ready to provide service.
>>>
>>>
>>>
>>>>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
>>>ログを添付いたします。よろしくお願いします。
>>>
>>>
>>>>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
>>>corosync.confに明示的にtokenについて記述していないので、1+1構成の場合の推奨値であるデフォルトの1000ミリ秒ですので、調整したいと思います。
>>>
>>>
>>>当該時間にはサーバのリソース、NWの上昇は見受けられませんでした。
>>>
>>>
>>>以上、よろしくお願いします。
>>>
>>>
>>>2016年3月23日 16:25 <renayama19661014@ybb.ne.jp>:
>>>
>>>
>>>>igaharaさん
>>>>
>>>>こんにちは、山内です。
>>>>
>>>>RHELのサイトを確認したわけではありませんが、該当メッセージがcorosyncで出力される
>>>>場合、一瞬でもcorosyncが認識しているクラスタの構成が変化したことを意味しています。
>>>>
>>>>F/Oしていないということですので、すぐに正しいクラスタ構成が再度行われたのではないでしょうか?
>>>>#このあたりは、ログを見せて頂ければ確認可能ですが・・・
>>>>
>>>>ちなみに、正常にクラスタを構成出来ている場合でも、
>>>>
>>>>1.通信状態が不安定
>>>>2.クラスタを構成するノード(corosyncを機動してるノード)が高負荷
>>>>
>>>>などで、このようなメッセージが出る可能性があります。
>>>>corosync.confのtokenパラメータを伸ばすなどである程度のメッセージの抑制が可能ですので、
>>>>一度、発生する場合の負荷状態などを確認されては如何でしょうか?
>>>>
>>>>
>>>>以上です。
>>>>
>>>>
>>>>
>>>>----- Original Message -----
>>>>>From: "k,igahara" <digitalpeak@gmail.com>
>>>>>To: linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>>>Date: 2016/3/22, Tue 23:10
>>>>>Subject: [Linux-ha-jp] corosync の "A processor failed, forming new configuration."について
>>>>>
>>>>>
>>>>>Linux-ha-japanの皆様
>>>>>
>>>>>
>>>>>igaharaと申します。
>>>>>
>>>>>
>>>>>pacemaker+corosyncで運用しているのですが、[TOTEM ] A processor failed, forming new configuration.が出力されることがあります。 
>>>>>F/Oしてるようではないようですが、発生原因が分かりません。
>>>>>サブクリプションが必要なので、詳細はわからないのですが、RHELのサイトに当該事象について言及しているものがあります。
>>>>>
>>>>>
>>>>>$ sudo pcs property show
>>>>>Cluster Properties:
>>>>> cluster-infrastructure: corosync
>>>>> dc-version: 1.1.13-6052cd1
>>>>> have-watchdog: false
>>>>> no-quorum-policy: ignore
>>>>> stonith-enabled: false
>>>>>$ sudo pcs resource show
>>>>> resource1      (lsb:*****): Started *****
>>>>>
>>>>>
>>>>>以上、よろしくお願いいたします。
>>>>>_______________________________________________
>>>>>Linux-ha-japan mailing list
>>>>>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>>>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>>>>>
>>>>>
>>>>>
>>>>
>>>>_______________________________________________
>>>>Linux-ha-japan mailing list
>>>>Linux-ha-japan@lists.osdn.me
>>>>http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan
>>>>
>>>
>>>
>>>
>>
>
>
>

_______________________________________________
Linux-ha-japan mailing list
Linux-ha-japan@lists.osdn.me
http://lists.osdn.me/mailman/listinfo/linux-ha-japan